りんろぐ。

女子でも分かるぷちまにあっく話。

テキストアプリ モブログ

DraftsからTextwellのツイート埋め込みアクションを呼び出してみた!

2014/07/08

DraftsからTextwellのアクション呼び出し

七夕でしたねー!でも今年も雨…。七夕っていつもそんな天気が多い気がしている凛(@rin_wan)です。

今回はiPhoneでTwitterを埋め込む面白い記事に触発されたので、愛用のDraftsアプリも絡める流れを考えちゃいましたのでご紹しまーす( ●´艸`)



記事先読み

・Textwellを使ってツイートを埋め込む方法をおさらい!
・愛用のDraftsアプリから使えるように小細工してみた!
・リプライを含まないツイートの埋め込み方法も!

きっかけの記事と作成秘話

昨日見つけた、こっこさんの面白そうな記事がこちら!
[Textwell]ツイートを埋め込むタグを取得するアクションがマジで便利 | イロトリドリ

なんともツイートをブログに埋め込むのがめっちゃ簡単そう(*´д`*)

Textwellアクションやるなー!

でも愛用のDraftsが私にはあるしなぁ…。

でもTextwellのアクションも使いたいしなぁ…。

よし!DraftsからTextwellのアクションを呼び出してしまおう三ヾ(*′ω`)ノ゙ ウッヒョヒョ♪

なんて流れで始まったのでした!

通勤電車と昼休みを使ってうーん、うーんと試行錯誤してみました( *`ω´)

完成イメージ

成功するとこんな感じになります(」°ロ°)」

Twitterのリンクを取得

まずはTwitterアプリで埋め込みたいツイートのURLをコピーしますよ。

TwitterでツイートURLをコピー

私の使うアプリは長押しでいけます。

Draftsでアクション呼び出し

Draftsのアクションを呼び出しますよー!

Draftsアクションを呼び出し

押すと自動的にTextwellが起動します!

Textwellでのツイート埋め込み実行

Textwellで実行するアクション名を聞かれるので”実行”をタップ!

Textwellのアクション実行

画面に埋め込み用のタグが出てくる。

ツイート埋め込みタグが表示される

サーバーで記事を公開すると…

ツイート埋め込み結果

ちゃんとツイートが埋め込まれてた!大成功ーヾ(●´ω `●)ノ

DraftsからTextwellのアクションを呼び出す

それでは準備をしましょー!!

Draftsの準備

こちらは前回から紹介しているこのアプリ。

Drafts - Quickly Capture Notes

  • Drafts – Quickly Capture Notes
  • カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
  • 価格: ¥400(記事掲載時)
  • 開発元: Agile Tortoise

App Store

今回使うアクションは”TextwellのTweetEmbedderというアクションを呼び出して実行する”というもの。

textwell:///executeAction?title=TweetEmbedder

Draftsアプリをお持ちの方はこちらから:
インポート

*このTextwellのアクションを呼び出す方法はこちらの情報を参考にしました!
Happy-Go-Lucky: PictShare から Textwell アクション:PicasaHtmlを起動する方法

Textwellの準備

お次は大事なTextwellですよー!まずはアプリから。

Textwell

  • Textwell
  • カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
  • 価格: ¥300(記事掲載時)
  • 開発元: Sociomedia

App Store

次にツイートを埋め込むアクションの準備。

Textwellをお持ちの方はこちらから:
TweetEmbedderをインポート

*こっこさんが使っていたのは”Tweet Embedder”という名前でしたが、今回は敢えてスペースのない名前にしてます(ΦωΦ)/

いざ実践!

それではいざ実践!!

順番は
1.Twitterアプリで埋め込みたいツイートのリンクをコピー。

2.Draftsのアクションを実行。

3.Textwellのアクションを実行する。

4.出てきたスクリプトをブログに貼り付ければ出来上がり!

うまく出来ましたかーヾ(*´∀`*)ノ

埋め込みツイートカスタマイズ

ちなみに埋め込んだツイートのカスタマイズも可能です。

上記方法ではリプライがあると、それまで表示されちゃうのが悩ましい所。

たまにはリプライなしのツイートも埋め込みたい!

そんな時はTextwellで出来上がるスクリプトの冒頭に[data-cards=”hidden”]という魔法の呪文を足せばOK(*ノ∀`*)

リプライなしの呪文はこちら。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-cards=”hidden”>

この情報はこちらの記事に掲載されてました!

凛的まとめ

わざわざDrafts噛ませる必要ないじゃーん!!と怒られそうですが、モブログする時に手動で起動するアプリは1つでも減らしたいのが乙女心(*>ω<)/♡ という事でモブログのメインエディタであるDraftsから自動的にTextwellが起動するように考えてみました( ●´艸`) Draftsマニアがにやりとしてくれるといいなw

今回使ったアプリ達

Drafts - Quickly Capture Notes

  • Drafts – Quickly Capture Notes
  • カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
  • 価格: ¥400(記事掲載時)
  • 開発元: Agile Tortoise

App Store

Textwell

  • Textwell
  • カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
  • 価格: ¥300(記事掲載時)
  • 開発元: Sociomedia

App Store

次の記事もお楽しみに〜(*`・ω・)ゞ

Posted from するぷろ & PressSync Pro

スポンサードリンク

スポンサードリンク

CATEGORIES & TAGS

テキストアプリ, モブログ, ,

Author:

iPhoneアプリ/語学学習/間取り図/ガジェットが大好きです!手帳と宇宙画像が最近の癒しです。WorkFlowyが好きでスマホから操作ができるアプリHandyFlowyとMemoFlowy絶賛オススメ中♡