りんろぐ。

女子でも分かるぷちまにあっく話。

テキストアプリ

高機能メモアプリDrafts 4の使い方〜基本編1〜

Drafts4の使い方!

今週はDrafts 4で遊ぶことで多忙な後半を乗り切った凛(@rin_wan)です。

先日、Drafts 4キタ━(゚∀゚)━!という記事を書いたのですが、それを読んでくれた方から「テンションに押されて買った!」という声と「よく分からん!!」という声が聞こえてきました。

私が薦めたからという理由で買ってくれたなんて嬉しすぎる!!

そしてせっかく高額なアプリを買ったのによく分からないだなんて切なすぎるw

ということでDraftsの操作方法や使い方を適当にレベル分けしてご紹介しようと思っております!

今回は基本中の基本であるメモ入力画面の使い方に注目してみまーす。



Drafts 4 概要説明

まずはDrafts 4というのはこちらのアプリの事です。

Drafts 4 - Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

  • Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!
  • カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
  • 価格: ¥500(記事掲載時)
  • 開発元: Agile Tortoise

App Store

タイトルに「高機能」と敢えてつけているのは、ただ文字を書くだけのツールではないから!

実はDrafts 4はメモを書く機能以外にも様々なアプリやサービスとの柔軟な連携や、マニアがにやりとする高度なスクリプトを扱う事が出来ちゃうんですよー!!

ふふふ。気になってきましたか?

Drafts 4 基本画面操作

まずは基本の画面操作から覚えていきましょー!!

基本の画面はこの画面。

基本画面

キーボードが出ているメモ記入画面の事を勝手にそう私が呼んでますw

作成済みメモ一覧

まずは作成済みメモ一覧を出すボタンから。左上のノートマークですよ。

作成済みメモ一覧

タップすると左からにゅっと一覧が出てきます。

再度編集したいメモがあれば、一覧からタップすれば再度続きから編集が出来ます。

メモ一覧

「Inbox」はとりあえずメモが保存される場所。

「Archive」は削除はしないけど、Inboxにはいらないメモ置き場。

「Fragged」はマークを付けた大事なメモ置き場。

「All」はInboxとArchiveとFraggedが全部入ってる場所。

虫眼鏡マークに検索ワードを入れるとヒットしたメモ一覧を表示してくれます。地味に便利。

基本画面に戻るには右上の「<」マークをタップすればOKですよー!

新規メモ作成画面

基本画面と同じ状態です。

何かメモを書いていて、別のメモに書きたい!と思ったら左から2番目の「+」ボタンをタップ!

新規メモ作成

書きかけの状態で「+」を押すとこれまでのメモが画面から消えるので恐ろしく不安になりますがw大丈夫ですヾ(●´ω `●)ノ

Draftsには保存ボタンという概念がなく、書いたものがそのまま保存されているんですよー!

これまで書いていたメモは上の作成済みメモ一覧画面から探せるので安心して新しいメモを作りましょー。

メモ情報画面

文字が書いてない状態ではグレーアウトしてタップ出来ませんが、1文字でも入力するとタップ出来るようになる「i」マーク。

メモ情報

これはそのメモの色々な情報を表示してくれるボタンです。こんな情報が確認出来ます。

メモ情報画面

・最初に作成された日時と場所
・編集された日時と場所
・実行されたアクションログ
・メモのバージョン

Drafts 4からは位置情報も扱えるようになり、さらには個別メモのバージョン管理が出来るようになりました!めっちゃ便利(*ノ∀`*)

まぁまた後で出てくる「アクション」という機能を使う時、エラーが出たらココをチェック!

文字数カウント

「0c0w」と書いてある場所は文字数をカウントしてくれます。

文字数カウント

日本語で入力する場合は「c」の左に出てくる数字を見ればOKです。「w」の左の数字は英語で入力した際の単語数です。

結構書いたなーと思った時は参考にしてみて下さい!

アクション画面

右上の四角のマークを押すと右からにゅっとアクション一覧画面が表示されます。

アクション一覧画面

アクションというのはDraftsが得意とする色々な機能やアプリ、各種サービスとの連携ツールの総称です。

アクション画面

「All」「Basic」「Social」「Services」「Markdown」とタブが並んでいますがここは変更が可能です。

とりあえず最初はふーん。程度で「All」のタブを眺めて色々な見たことあるアイコンがあるなーと思えばOKですよー!

何がどう便利なのかは追々ご紹介する事になると思いますが…例えば一番上にある「Copy to Clipboard」を押すと今開いているメモ全部を自動的にコピーしてくれます。

あら便利♡

基本画面に戻る場合は左上にある「>」マークをタップすればOKです!

エクステンションキーボード

Draftsには元々あった機能ですが、追加キーボードとして色々なキーが準備されています。

追加キーボード

Drafts 4ではこの追加キーボードが自分で好きなようにカスタマイズ出来るようになっていてさらに便利になりました三ヾ(*′ω`)ノ゙ ウッヒョヒョ♪

カスタマイズ方法はまた別途ご紹介しますが、とりあえずは追加キーボードエリアで指を左右にフリックすると隠れているキーが見えるようになります!

※写真の追加キーボードはかなりカスタム済みです。

キーボード収納

エクステンションキーボードの隣にあるキーボードのアイコン。

キーボード収納

これを押すとキーボードを非表示にする事が出来ます。

縦に長いメモを書いていて、全体のレイアウトを見たい時などはこのボタンを押す、またはこのボタンあたりで下にフリックすればOKです!

凛的まとめ

うーん。まだDraftsの基本画面上半分しか説明出来てませんw

まだまだ便利な下半分のツールも紹介したいのですが、結構長くなってきたのでまた今度ー!

アクションにたどり着くのはいつの事だろう( ꒪⌓꒪)まぁDrafts 4で遊びながら気長に待ってて下さーい‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

次の記事もお楽しみに〜(*`・ω・)ゞ
follow us in feedly

スポンサードリンク

スポンサードリンク

CATEGORIES & TAGS

テキストアプリ,

Author:

iPhoneアプリ/語学学習/間取り図/ガジェットが大好きです!手帳と宇宙画像が最近の癒しです。WorkFlowyが好きでスマホから操作ができるアプリHandyFlowyとMemoFlowy絶賛オススメ中♡